続・安藤三緒の独り言

ライブ情報☆1月28日(金)八王子びー玉☆2月5日(土)八王子papaBeat

またまたアイスの話

イメージ 1

そういえばこの間、かの有名な青果店センビキヤへ憧れのフルーツパフェを食べに行きました。同僚のM子さんとはもう何ヵ月も前から(私自身は、おそらく何年か前から)ずっと、いつかあの店で食してやろうと言っていたのが念願叶いました。ご存知の通り、センビキヤは高級青果店ですので、そこのパフェたるや、そうそう庶民(ましては私のような低所得者)が簡単に手の出せる代物ものではありません。しかし、今回は万を辞して、給料日からこの日のために残しておいたお金を握りしめ、同僚のM子さんと恵比寿のセンビキヤへ向かったというわけです。
今は桃が時期との事で、私はバニラアイスとカットされた生の桃にラズベリーソースがかかっているもの(1480円)を。M子さんはレアチーズに生の桃が乗ってるもの(1680円)を頼みました。それらが登場した際には恥も惜しまず、二人してケータイカメラで激写した次第です(写真参照)。
しかしそうは興奮しても、私も大人ですから、「あんなに高額なのだから、旨くなかったら文句だな」とか「まあ、所詮桃とアイスだし、高額なのは店のブランドのせいだろう」などとたかをくくってもおりましたが、桃を一口食べた瞬間、あまりの旨さに驚愕しました。桃自体もとても美味なのですが、桃の扱いをよく熟知しているようで、旨さを良く引き出しておりました。二口めはバニラアイスを食べましたが、これがまた驚愕のうまさで、M子さんと、「うまい」「幸せだ」を連発し、小躍りしたい気分でした。やはり高額なのにはそれなりに意味があったようです。しかし、この金額で幸せな気分になれるのであれば、決して高くはないと思います。皆さんも一度食してみては如何でしょうか。