続・安藤三緒の独り言

ライブ情報☆1月28日(金)八王子びー玉☆2月5日(土)八王子papaBeat

HPCたこ焼きパーティー

イメージ 1

イメージ 2

昨日はあの後、ちゃんと仕事をして、夜はHPCの第3回目の集会があり、クラブ会員の「関西系おしゃれガール・おぎぴー」事、おぎちゃんの家にお呼ばれをして、たこ焼き焼き機を囲んで、皆でたこ焼きを焼きました。
おぎちゃんはさすが関西出身とあって、たこ焼きを焼く手さばきは見事なものでした。また具が定番のたこ、てんかす、紅しょうが、ネギ以外に、チーズ、ちくわ、もち、そしてこんにゃく等が加わるなどのアレンジがなされ、関西の人ならではのたこ焼きに対するこだわりを感じました。
私はたこ焼きをこのようなたこ焼き焼き機で焼くのは初めてだったため、驚きと興奮の連続でした。
こう、目の前でくるんっ!とたこ焼き達が丸く焼かれていくのがなんとも面白く、それを焼かれていくたびパクパク食べていたら一人30個近くは食べていました。そこまでくると、胃の中はたこ焼きの山がうず高くそびえたっており、私の胃酸も消化が追い付かず「ちょっと!ちょっとタンマ!(タンマとは私の地元用語で、多分タイムの事)」と悲鳴を上げたため、ギブアップしましたが、なんともおいしかったです。特におもちが中からとろーっとなって出てくるところと、こんにゃくが他の具達と馴染めず、ぷっ、と飛び出て我が道をいっているところがよかったです。
そんなこんにゃくに自分の青春時代の姿を重ね合わせながら即興で、こんにゃくの歌(バラード)を口づさんだりしたのでした。