続・安藤三緒の独り言

ライブ情報☆11月27日(日)八王子びー玉☆12月21日(水)八王子papaBeat

多摩動物公園

イメージ 1

イメージ 2

昨日は都民の日でした。
なので東京都多摩市にあります「多摩動物公園」は無料で入園できるため、散歩がてらふらっと一人で行ってきました。

私にとっては、ここは近所だったため、動物園と言えば「多摩動物公園(略して多摩動)」でした。
幼い頃、「帰りにしなさい」と言われたのに、どうしてもと言って、入園時に買ってもらったパンダのぬいぐるみを、さっそくライオンのオリに落としてしまい、泣きながら、帰りにはライオンのぬいぐるみを買ってもらってからはや22年(ちなみに多摩動にはパンダはいません)。
大人になってからは、たまに訪れている、私の憩の場であります。

昨日は、いつもは行かないルートで見て回る事にしました。
すると、新たな発見がたくさんあり、なかなか楽しかったです。
なかでも、いつもは絶対に行かない昆虫館(私はこの世の中で一番嫌いなものは何を隠そう「いもむし」なので、昆虫館は大変に危険な領域なのです)へなぜか行ってみたら、「グローワーム」という、青白く発光する虫の幼虫の展示があってなんとも感動しました。
真っ暗な部屋の天井で青白く輝く光はまるで星空の様で、しかもそれをあのおぞましい姿をした虫の幼虫が放っているとは思えない美しい光景でした。あれは一見の価値ありです。
グローワームは日本ではここだけでしか展示してなくて、しかも25年前から代々繁殖させて飼育している(そう暗闇の中から突然おじさんが説明してきて「!誰かいるんかい!」)という事で更に驚きました。


(グローワーム…。まさか本物を生で多摩動で観られるとは思わなかった。
日本初でしかも25年という長きに渡って活動しているのにも関わらず今までここにいるなんて知らなかったなぁ。全然目立っていないしお客もいない。あんなに綺麗なのに(いもむしだけど)。
やっぱりコアラとか、ライオンの方がポップだしメジャーだもんなぁ…。グローワームはマニアックかぁ。)

と思いました。

新たな発見を探しにまた行きたいと思います。