続・安藤三緒の独り言

ライブ情報☆1月28日(金)八王子びー玉☆2月5日(土)八王子papaBeat

メガネかけれ

先日メガネ屋さんに行きました。

約2年前、日に日に眼球がずきずきと痛み出し、そのせいで夜も眠れなくなり、吐き気をもよおし、終電を逃すようになり、日常生活に支障をきたすようになったため、眼科を2件はしごして色々と検査した結果、

「眼精疲労」つまり、

「疲れ目ですね。」

と、診断をうけました。
私の視力は、右0.9、左1.0と良い方なのですが、遠視と近視と乱視が右目に混ざりまくっているめんどくさい目をしているそうで、要はそれを目の筋力によって無理矢理矯正して、ものを視ているため、目が疲れるのだそうです。

「若い頃は大丈夫でも、段々年をとると疲れやすくなるんですよ。」

という医者の言葉に、当時、
(26歳はもう若くないのか?!)

と、内心驚愕したものです。

そして、
「メガネを作れば改善する」
として、恵比寿のおしゃれ過ぎて一人では入れない母の行きつけのメガネ屋さんへ母と行き、誕生日プレゼントとしておしゃれなメガネを購入していただいたのでありました。

あれから約2年。メガネはパソコンを使う仕事中の時だけかけていたのですが、段々と視界がぼやけるようになってきたため、先日またそのメガネ屋さんへ行き、新しいメガネを作ってもらうことにしました。そこで、

「メガネは、かけたり外したりしないほうが良いです。」

とのことだったので、最近は、キテレツばりに毎日かけっぱなしにして、メガネっ子になる事にしました。

そしたら、
メガネな自分も悪くないなぁ、なんて思ってきて、何かメガネな事は起こらないかなぁなんて期待してみたり、誰かのメガネにかなって、メガネっちゃったらどうしよう!なんて思ったり、でもたとえメガネっても、メガネる前の事は決して忘れてはいけないぞ!と、自分に言い聞かせたりしました。

ところで、のび太とキテレツはメガネを外すとほぼ同じ顔だと思います。