続・安藤三緒の独り言

ライブ情報☆1月28日(金)八王子びー玉☆2月5日(土)八王子papaBeat

スタジオジブリレイアウト展

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

昨日は、古くからの友人とスタジオジブリのレイアウト展へ行ってきました。
予約制のため、悠々と鑑賞できるかと思いきや、なかなかの人手で、じっくり観ていたら三時間もかかってしまいました。さすが日本が誇るスタジオジブリ。大盛況であります。
ところで、レイアウトとは、アニメーションの画面の動きや構図などの設計をする下絵の様なもので、ほとんど、鉛筆と色鉛筆で描かれておりましたが、なんとも緻密で、かつ躍動感のあるイラストでした。画内の人物はすでに意思を持ち、メカはあたかも、実在しているかのようなリアリティで、絵画的視点で脱帽するとともに、ジブリファン的視点で、その映画のワンシーンに思いを馳せました。
そう思ったのは自分だけではないようで、来場者ほとんどが、ワイワイガヤガヤと、その絵のシーンのセリフを言ったり、ここはあのシーンの絵だ、などと言いながら、思い思いの感慨にふけっていました。私も「飛べない豚はただの豚だ」と言っていました。
その展覧会では、写真撮影がOKな所があり、注目は床に描かれた寝ている大トトロの絵で、そこに乗って自分も寝そべるとまるでトトロの上で寝ている様に写真が撮れるという展示でした。私も友人に誘われ、長蛇の列で順番を待ち、トトロの上で寝てきました。幼い頃憧れていた、あのトトロの腹の上で、年甲斐もなくピースまでして写真を撮ってもらってきました。

いやぁ、ジブリって本っっ当に良いものですね。