続・安藤三緒の独り言

2022年ライブ情報☆八王子びー玉☆9月15日(土・夜)八王子びー玉☆10月29日(土・昼)高円寺ウーハ☆12月21日(水・夜)八王子papaBeat

なんか好きです。

イメージ 1

本日、友人の華ちゃんと新宿で会い、アフタヌーンティーをいたしました。
かねてから気になっていた、あるファッションビル内のとある喫茶店の「チョコミントケーキ」を食べましょう!という事になり、行きました。
その写真がこれです。ミント風味のチーズクリームがチョコレート味のタルトに乗っかっていて、かつ私の好きなチェリーの甘煮みたいなのが埋まっていて、とてもおいしかったです。

私はなぜか、幼い頃から「チョコミント」なるものが好きで、選択肢のひとつとしてあるならば、必ずやそれを選びます。たとえ他にどんなにおいしさげなものがあったとしても、自分は「チョコミント味」を選びます。
しかし、決して「チョコミント味」は「うまいっ!」「最高!」という味ではないのです。
むしろケミカルで不気味な色合いだと思います。
でも、「チョコミント」を裏切る事はできません。そしてそれをおいしいと感じています。

私はなぜか「チョコミント」を食べている人は「かっこいい」と思いこんでおります。この話、以前、「チャレンジ・ザ・トリプル」の回でも話した気がしますが、面倒なので確認しません。
とにかく、「チョコミント」がなぜか好きです。でも、大量にはやはり食べられないし、毎日食べたいとは思わない為、今思ったのはむしろ、好きというより、「あったら選ばなくてはならない」という強迫観念に近い感覚なのかもしれません。いや、やはり裏切れないという感覚でしょうか。

私のそういった嗜好は、実は他の食べ物でもあります。でもそのお話しはまた今度。