続・安藤三緒の独り言

ライブ情報☆11月27日(日)八王子びー玉☆12月21日(水)八王子papaBeat

お化け屋敷を科学しに行きます

おはようございます。本日これより科学未来館へお化け屋敷を科学しに行ってきます。
「恐怖」とは何か!また、単なる恐怖ではなく、「お化け屋敷」で感じる恐怖は、他で感じる恐怖とは何か異なるのか、という事を解明できたらいいと思います。
実は私、お化け屋敷が大好きなのです。遊園地のお化け屋敷は絶対入るようにしています。なぜだかワクワクするのです。きっと冒険が好きなのでしょう。ただ、友達に拒否されて一度だけ一人でお化け屋敷に入った事がありましたが、あれは虚しかった。一人でビビっているのもアホらしいし、かといってニヤニヤしてるのは気持ち悪いし、無表情だったなら「お前は何しにきたんじゃい」とお化けにキレられるかもしれないので、とりあえずキョロキョロしながら、まるで博物館に来て標本等を興味深く見ているかの面持ちで歩きました。そのお化け屋敷のお化けはロボだったのですが、どうにも脅かすタイミングが悪く、私がお化けが出てくるのを待っていなくてはいけないという展開で、それも虚しさを助長したようです。

私の見解では、やっぱりお化け屋敷は誰かと一緒に入らなければ意味のない所です。誰かと「ワーキャー」言うのが目的なのです。もっと言うならそこでお互いの絆を深めあうというのが真の目的なのです。多分そうです。
今日は女子三人で行って互いの絆を深めてまいります。
次は男子と行けたらいいです。よろしくお願いします。

あ、ちなみに本当のお化けのでそうな心霊スポットはダメです。そうゆう所へ面白半分で行くのはよくない事ですよ。