続・安藤三緒の独り言

ライブ情報☆11月27日(日)八王子びー玉☆12月21日(水)八王子papaBeat

スヌーズ

最近、「バタンキューシンドローム」という病にかかっております。
どんな病かと申しますと、ありとあらゆる場所で突然意識を失い、そのまま朝を迎えそうになるという病です。
例えばリビングの床、また湯船の中(これはリアルに危ない)そして布団の上などで起こり、女子として最低な状況になります。
主に、夕飯を食べた後の夜9時から10時頃に発症しやすく、まぶたがとろーんとして、「ちょっとだけ…」といって目をつぶったら最後、そのまま数時間気を失い、大体そうゆう時は変な夢を見てるので夢の中で「なんか変だな」と思ったりして「は!」と目が覚めると朝の2時とか3時とか4時位だったりします。
私は毎朝6時には起きなくてはならないので、そのまま起きてればよいのですが、この「バタンキューシンドローム」は「寝たのに疲れる」というのが特徴の病のため、改めて寝る必要があり、もう一度寝ると次に起きるのが非常に面倒くさくなるという最悪の病です。

お医者さん曰く、この「バタンキューシンドローム」に陥っている間の数時間は睡眠時間にはあたらないとの事。
つまり無駄に時間を消耗しながら、不健康に拍車をかけている今日この頃です。

皆さんはお気をつけ下さい。

あ、睡魔が襲ってきた…逃げなくては…